ゆうゆう良品

ゆうゆう良品

鳥取砂丘紅花らっきょう

合成甘味料、保存料無添加
安心してお召し上がりいただけます。

味・食感にこだわった「究極のらっきょう」です

江戸時代から鳥取市福部町で栽培されているらっきょう。 むかしながらに受け継がれている味を全国の皆様に食べていただきたいと、幾度も試作を重ねて完成した「鳥取砂丘紅花らっきょう」 漬け込む酢には、とうもろこしを原料にしたすっきりとした味の醸造酢と、旨味や風味を引き出すリンゴ酢の2種類を使用しています。

健康茶素材の紅花エキスをブレンド。 健康にこだわった逸品です。

更に健康茶にも用いる健康素材の紅花をプラスし、じっくり漬け込むこと1ヶ月。 絶妙なバランスの甘酸っぱさと、シャキシャキッとした食感の絶妙らっきょうが完成しました。是非一度、ご家庭でご賞味下さい。

紅花【beni-hana】
「ベニハナ」には赤と黄の色素があり、昔から赤色は口紅(京紅)として使われ、 高貴な女性の口元を華やかに彩っていました。 当時の庶民には手の届かない大変貴重なものでした。

こだわりのらっきょうが全国へ。

鳥取らっきょうが出来るまで

1.植え付け

炎天下での過酷な作業
植付けは、表面温度60度以上になる真夏の炎天下に行われます。 球根を植えつけるのは手作業となるため、とても過酷な作業です。

2.冬越し【9月~4月】

厳しい北風に耐え、冬越え
10月の下旬に薄紫色のかわいい花を咲かせ、薄紫色じゅうたんが広がります。 地元ではこの時期らっきょうマラソンが開催され、恒例の行事となっています。 その後、砂地の中で厳しい日本海の北風に吹かれながら、一冬超します。

3.収穫【5月下旬~6月中旬】

不揃いは手作業の証
収穫したらっきょうは、葉と根を一粒一粒手作業で、 大きさに合わせてカットし規格別に分けられます。 手作業のため不揃いならっきょうになります。

4.選別・加工

一粒一粒よいものを選びます
機械でむけなかった皮をむいたり、規格外のらっきょうを目視で選別し、 選ばれたらっきょうだけを漬けます。

5.検査・発送

最後も人の目で検査
最後に大きなルーペで1袋ずつ目視検査を行います。 パッケージの裏面は目視検査がしやすいように、透明になっています。 加工場で検査されたあと、ゆうゆうでも品質検査をおこない、 皆様のお手元にお届けいたします。

そして、丹誠込めて作った
鳥取砂丘紅花らっきょうが出来るまでを
ムービーでご紹介!

動画内にでてくる「らっきょうのパッケージ」は当社商品とは異なっておりますが、 「鳥取砂丘紅花らっきょう」はJA鳥取いなば(鳥取市福部らっきょう加工工場)で、同じ工程にて製造しております。

「鳥取砂丘紅花らっきょう」のよくある質問

賞味期限はどれくらいですか?
らっきょうは昔より保存食として食べられておりますが、 一番美味しい期間に食べていただきたいため、賞味期限を半年としています。
保存の仕方はどのようにしたらいいですか?
開封後は冷蔵(10℃以下)で保存し、賞味期限に関わらず出来るだけ早めにお召し上がりください。未開封のものも冷蔵(10℃以下)で保存した方が、より美味しくお召し上がりいただけます。
1日にどれくらい食べたらいいですか?
1日4粒とよく言われていますが、特に量は決まっていません。お好きな時間にお好きなだけ、お召し上がりください。

通常購入

鳥取砂丘紅花らっきょう648円(税別)
名称鳥取砂丘紅花らっきょう
原材料名らっきょう 漬け原材料 糖類(砂糖・水あめ)、醸造酢、紅花エキス、食塩、リンゴ酢、ハチミツ
内容量100g
保存方法開封後は冷蔵(10℃以下)で保存し、賞味期限に関わらずできるだけ早めにお召し上がりください。 未開封のものも冷蔵(10℃以下)で保存した方が、よりおいしくお召し上がりいただけます。
賞味期限らっきょうは昔より保存食として食べられておりますが、一番美味しい期間に食べていただきたいため、 賞味期限を製造より半年としております。
注意事項
  • 原材料をご確認の上、食品アレルギーをお持ちの方はお避けください。
  • 体質に合わない方は、速やかに飲用を中止してください。
ページトップへ戻る